2016年12月02日

接客の時、気持ちの変化に左右されやすい? 接客のムラについて考える2

こんにちは。青沼です(*´▽`*)

33202636.jpg

*自分と向き合って自分を大切にする気持ちを増やそう♪自分を知れば悩みも根本からスッキリ解決!

*接客を勉強したいあなたへ 家で楽々学べる接客の家庭教師!
あなたに合わせて接客を学ぶ接遇コンシェルジュ

*あなたに役立つ接客やメンタルケアの資料があります♪ ⇒ 図書室


昨日書こうと思って忘れていました。

6月ですね♪

今年はもうかなり暑い日もありますよね。

今年の夏は猛暑なのかなぁ・・・・なんて思っていました。


さて、昨日と今日で週末にご連絡を頂いていたお客様へのお返事をしています。

この時期になってくると、接客相談の話も多くなるわけですが、

自分の接客ってどんなんだろう?

と考える事って、本当に大切なことなんです。

毎日毎日、接客が終わるごとに都度と言ってもいいくらい。

そうすると、ひとつひとつの接客が大切になります。

と、出だしからなんだか熱いメッセージをお届けしました(笑)


さて、今日は昨日の続きです。

接客時の感情のムラについてお話してきました。


例えば・・・

の続きはまた明日お届けしたいと思います。

と引っ張る形で終わりました(笑)


続きです。

例えば、お客様に言われたことでもすぐ影響出る方いますよね。

いわゆる 

顔に出やすいタイプの人っていると思います。

私は、前職のショールーム時代に

接客の時にマイナスの事は特に顔に出してはダメ

と言われていました。

実は私はとっても顔に出やすいタイプだったので、

(今は本当にそうです 笑)

それを出さないようにするのは大変でした。

こういう人が、接客のムラが出やすいタイプの人です。

昨日もお話した通り、私はムラのあった接客をしていたひとりです。


こうなると、接客は良い時と悪い時が出てきます。

なんだか仕事したくなくなるようなことに出くわすと、接客のテンションが低くなる。

お客様への対応が雑になったりする。

接客にムラがあるという事は、自分の感情で左右されるようになりますから、

(またはお客様からの反応でそうなる)

たまたま悪い時に接客されたお客様は

<え?この店員さん感じ悪い・・・!!>

と感じるということですね。


お気付きでしょうか?

たった1回のムラのある接客。

たったひとりのその対応がお店のイメージにつながるんです。

気持ちのムラでお店の印象を悪くしている

ということなんですね。


前回も言いましたが、ムラのある接客は

単なるその人のわがままでしかありません。

そこはやっぱりちゃんとした指導って必要になると思います。


今、ムラのある接客をしている人はこれで少しでも気づきにつながればいいなぁと思います。

中には、

どうしても自分の気持ちで接客がうまくいかない

どうしても感情に左右されやすい

という方もいると思います。

そういう方にはやっぱり、メンタルをちゃんと保つような訓練が必要になってくると思います。


ちなみに

感情を出さないように我慢して接客をすること

というのは目先の問題解決です。

じぶんケアで根本解決の場合は

自分の気持ちがどうしてそんなに接客で影響するのか?

を探ります。



明日は、接客にムラのある人をどう指導していくのか? についてお話します。



今日もいい日にしましょうね♪

最後までお読みくださりありがとうございます♡


働く人のメンタルケア・自分を大切にするための自分ケアのお手伝いをしています。
接客総合コンサル&コーチ BROWNSUGAR R 
青沼 里歩

□ 接客総合コンサル&コーチ BROWNSUGAR R : HP
□ Facebook


posted by 接客総合コンサル&コーチ BROWNSUGAR R 青沼 里歩 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | □ 接遇 接客のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする