2013年03月11日

心の傷

こんばんは。青沼でございます(*´▽`*)

今日は朝おきたら雪がもっそり積もっていてびっくりしました((((;゚Д゚))))

久々の雪かきはいい運動でしたけど(*´▽`*)

bZiEPc.gif


今日で震災から2年が経ちました。

先程のニュースで

未だ怖くて海に近づけない

という方のお話を見ました。

あれだけのことが目の前で起これば、やはりその恐怖から立ち直るまで時間がかかるのだと改めて感じました。

あれから2年。

メンタル部分で未だ苦しんでいらっしゃる方も多いと感じます。

そんな方が一日も早く心が落ち着く日が来ることを祈らずにはいられません。


心の傷

というのは、その人に深く残る場合が多いです。

それを取り除くのではなくて、本人が受容することが大切だと感じています。

心の傷を持つ事で自分を責めたりすることもあると思います。

でも、どうかそんな自分を責めることなく、許してあげて欲しいと思うのです。


誰しも心の傷はあると思います。

その度合いはその人によって異なると思います。

私も、この人生の中で心の傷になったことは沢山あります。


それを見直すきっかけになったのは、

父の死

だったと思います。

私の父はあの震災3.11から2ヶ月足らずの5月の初旬にガンでなくなりました。


父と私の思い出は実はあまり多くありません。

物心ついた時には、仕事で飛び回っていたので、ほとんど一緒に過ごすことはありませんでした。

今思えば、幼少期の性格は、父との関係が大きく関わっていることに気がつきます。

それはメンタルケアやAC(アダルトチルドレン)等学んだからだと思います。

小さい頃から思春期、そして父がなくなるまで、自分の中でのある欲求があったことに気がつきます。

それは、父ともっと一緒に過ごしたかったという事。

でもそれは叶うことがありませんでした。


ちょうど、父がなくなる半年前から私の人生は変化し出ます。

父がなくなった頃、すべての事がどうでもよく思えました。

そして、私の目の前には何もなくなった気がしました。

あのときの自分には泣くしかできず、どうしてこんな事が起こっているのかも理解できませんでした。

どうして自分が存在しているのかもわからなくなっていました。

毎日、毎日泣いていました。


でもそれからしばらくして、自分の心の傷と向き合おうと決めます。

自分の中に消化できていない何かがあることに気がつきます。

それが先程の欲求だったのだと気がつくまで1年以上かかりました。


その傷を自分の中で受容できたか?と聞かれたら、

きっとまだなんです。

そして、まだまだこれからなんです。

自分を許していくことは生きることを重ねることでもあるのだと感じています。

自分が親になった時にまた自分を許す事ができるようになるのだと思います。

だから焦らないと決めました。

自分の中の自分の傷は、時間をかけてゆっくり受容したいと思っています。



もしあなたが何かの傷で自分を責めているのなら、もうやめてください。

あなたはそうするしかできなかったのですよね。

だからこそ、そんなあなたをあなたが許してあげてください。

あなたが受容することで、きっと誰かにその分の愛を分けてあげることができます。


最後に

何かが起こる

ということ。

それはあなたに対するメッセージであり、ギフトです。

どう受け止めるのかはあなた次第なのかもしれませんが、それはきっとあなたにとって、大切なことなんです。

いつかそのメッセージに気づき、ギフトが受け取れますように。



今日も最後までお読み頂き、ありがとうございます♡


接客総合コンサルタント&コーチング BROWNSUGAR R 
青沼 里歩


BROWNSUGAR RのHPはこちら
BROWNSUGAR Rのメルマガはこちら
BROWNSUGAR Rのfacebookはこちら
BROWNSUGAR Rの活動内容はこちら
posted by 接客総合コンサル&コーチ BROWNSUGAR R 青沼 里歩 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | □ メンタルケアのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック