2013年05月05日

接客業に戻ってみたら、接客業が嫌になりそうだと感じた

こんばんは。青沼でございます(*´▽`*)

23412304.jpg

客の仕事をしてきて、接客業の楽しみを知っている人は違う仕事をしてもやっぱり接客にもどる人が多いといいます。

私は接客の仕事を離れて2年が経過しようとしていますが、ご縁があればまた接客の現場に戻りたいと思うことはよくあります。

そして、現場指導の仕事がきたらいいなぁ♡といつも思っています(笑)



私のところへ、転職のご相談に来る方の中で、もともと接客業で今は違う仕事をしているという方が多いです。

また、接客業経験がないのでいろいろ相談に乗って欲しいという方もいました。


先日、ご相談を頂いたのは接客業に戻った方からのご相談でした。

長く接客業で仕事をしていた方で、転職して違う仕事に。

でもやっぱり接客がしたいと思って、接客業に戻ったそうです。

一番初めの仕事は会社の体制や考え方が合わないと感じ、転職した先の接客はとても忙しいのだそうです。

接客業に戻るまでは、憧れや楽しかったことを思い出して楽しみにしていたはずなのに、どうもしっくりこないようでした。

そして、接客業が嫌いになりそうだとも感じているようでした。


実際に、接客業に戻った方で、

やっぱりこの仕事に戻ってよかった!

と思う人は、その目的がハッキリしている方が多いと思います。

例えば、

前の時にもっとこんな接客ができたらよかったと思っていたことを今試してみたい

もっと今なら売り上げを上げれるような気がする

他業種での経験を接客に生かせると思う

等、自分が次の仕事についた時にこんなことがしてみたいというのが明確な人が多いです。

たいていの方は過去の接客業でできなかった事を改めてチャレンジしたいと思っている人が多いようです。

ただ、接客業に戻りたいと思って戻ったという方は、仕事をしてみてそのギャップに苦しむ方が多いように思います。



目的もそうなのですが、

やりたい接客業を選べている?

という問題があります。


転職する前に考える大切な事だと思います。

とりあえず、接客の仕事を・・・ では、やはりがっかりしたりついていけないと思うことが多いようです。


接客といってもそのジャンルは幅広いです。

もともとやっていた仕事にまた就くのではなくて、違うジャンルの仕事をするのであれば、今までの仕事のイメージは捨てたほうがいいかもしれません。

どうしても人は比較をします。

前の仕事はこうだった、あぁだった

同じ仕事でもそう思うと思うのですが、違う仕事だと更にそう思えます。

そして、同じ接客でも今までの経験が全く生かせなかったり、条件が違いすぎると

接客って・・・

と思ってしまうことがると思います。


接客の仕事をしたい!と思って戻ったはずなのに、接客を嫌いになりそうだと感じているのであれば、まずやりたい接客の仕事はなんだったんだろう?と振り返ってみてください。

そして、接客のどこが良かったと感じていたのかというのも大切なところです。


接客に戻りたいと戻って挫折をすると、もう二度と接客業に戻りたいと思えなくなってきます。

これから接客業に戻りたい、転職したいという場合、この部分をきちんと明確にしておくと、自分の戻りたかった接客業だと思え、楽しんで仕事が出来るようになります。

接客は楽しんでやるものですからね☆


◇◇◇ まとめ ◇◇◇

せっかくやりたい仕事が接客だ!と気がつけたのに、その後がダメだと感じるのは

1 やりたいことが明確じゃない

2 やりたい接客業を選べていない

3 接客業の良さがなんだったのかわからない

これらをきちんと考えてから転職すると、接客は楽しめます。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇


今日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございます♡



接客総合コンサルタント&コーチング BROWNSUGAR R 
青沼 里歩


BROWNSUGAR RのHPはこちら
BROWNSUGAR Rのメルマガはこちら
BROWNSUGAR Rのfacebookはこちら
BROWNSUGAR Rの活動内容はこちら
posted by 接客総合コンサル&コーチ BROWNSUGAR R 青沼 里歩 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | □ じぶんケア相談 ちょっと裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック