2013年05月09日

仕事への愛情を素直に表現するということ

こんばんは。青沼でございます(*´▽`*)

12709781.jpg

今日はポカポカ陽気でした。

天気が良かったので午前中少し歩いてきました。

この仕事を始めてから冬以外の季節はウォーキングをしています。

夏は朝早く、今の時期は午前中、秋頃はお昼前後など季節に合わせて歩いています。

久々に歩いたせいかちょっと腰痛気味ですが(´∀`*)ウフフ

楽しい予定もあるので、あまり無理はしないでおこうと思います。


さて、今日は先月の振り返りをしました。

3ヶ月前と比べたら、ブログの伸び率も良くなってきています。

先日アメブロのプロフィールも少し変えました。

最近は楽しく色々取り組めているなぁと実感しています。



先日、とある方のブログを見て、考えさせられました。

ブログでの伝え方についてです。

このブログはあまり意識をしないで書いていることが多いので、多少読みづらい事もあるかもしれませんね(笑)

アメブロはその辺とても気を使って書いています。

読み手にわかりやすくかけているかな?と何度もチェックしています。

素直に感情を表現して書くことは大切なことだと思うのですが、その方のブログには

仕事の愛情を伝えることができているかどうか

というのが書かれていました。

これは私にとって最大の課題だといつも感じます。

仕事の事を上手に表現できていないなぁと感じることが多いのですね。

私の個別相談を受けてくださっている方にはこれが少しでも伝わっているのだと信じていますが、ほかの人にも伝わっているかなぁ?とよく思います。

そして、そんなことがなかなかかけないなぁなんて思うこともよくあります。

これも気持ちのブロックがあるということに気がつきました。

上手に表現していくことというのはなかなか難しいことです。

接客でも同じことが言えると思うのですが、話すことで表現することと書くことで表現することは違うような気がしていました。

書くことというのは重みのあることのように感じます。

なので、たまにメールカウンセリングをしている時にも、

こんなことが言いたいけど、どう表現したらニュアンスが伝わるだろう?

としばらく考えることも。

それをダイレクトに伝えていくことも大切なことかもしれませんが、マイナスの話のときはそれが冷たく聞こえてしまう場合もあります。

話をする時には、表情や声のトーンでそれを補っていけると思うのですが、なかなか文章ではそれが伝わりにくいと感じます。


私は、ひとりでも多くの接客業をしている人にもっと自分と向き合って、自分を好きになって欲しい。

接客は自分と向き合う機会がとても多い仕事だと感じます。

自分のちからのなさを痛感したり、自分のやっていることが空回りに感じたりすることも多いです。

もちろん、自分を好きになれることも、自分が魅力的に感じることもたくさんあると思います。

私は、自分の接客がお客様に与える影響は大きいと感じていました。

だからこそ、お客様と向き合うために自分と向き合うことが必要だと感じます。

自分が自分をいいと思えていないと素直な感情表現は難しいと感じます。


どんな自分もどんな経験も、あなたが自分を好きになれば全ては素晴らしい方向へと変化します。

一緒に自分を好きになること始めてみませんか?



今日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございます♡



接客総合コンサルタント&コーチング BROWNSUGAR R 
青沼 里歩


BROWNSUGAR RのHPはこちら
BROWNSUGAR Rのメルマガはこちら
BROWNSUGAR Rのfacebookはこちら
BROWNSUGAR Rの活動内容はこちら
posted by 接客総合コンサル&コーチ BROWNSUGAR R 青沼 里歩 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | □ 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック