2013年05月18日

ありのままを受け入れる ということ

こんにちは。青沼でございます(*´▽`*)

今日はいいお天気です。


昨日は桜を見てきました。

今年は雨や風の影響で満足に桜を見ることができませんでした。

たまたま用事があり、弘前に出かけたので弘前公園は遅咲きの桜もあるだろうと行きました。

そしたら、目の前にとっても見頃な八重桜がありました。

947374_334152663377952_1687036161_n.jpg

関山というとてもピンク色の濃い桜でした。

他にもしだれ桜が綺麗でした。

たまにこうやって自然を満喫することはいいヒラメキをもらえます。


さて、今日はもうアメブロで書く事を予告していました。

テーマは ありのままを受け入れること についてです。



あなたは目の前にいる人をありのままに受け入れていますか?



人はどうしてもありのままに受け入れれなくなるときがあります。

そんな時に裏側にある感情は、思い通りにしたい なのかな?ということを感じました。


人は、その人らしく生きる権利というのがあります。

時には人の目を気にして、自分らしくない生き方をしている人や、自分の考え方を押し付ける人もいます。


お互いが生活しやすい環境であることというのは 

ありのままにその人を受け入れること

だと感じています。


でもこれが簡単にできたらきっと人はみんな苦労しません。

生きる上で欲求というのが必ずあるからだと感じます。

人ってなぜだか型にはめたがったり、常識という言葉を使ったり、先程も言ったとおり、

自分の思い通りにしたい

と思ったりします。

思い通りにすることは相手の行動や言動を止めることになり、

ありのままを受け止めてはいない

ということになります。


ありのままというのはいろんな形があると思います。

言いたいことを自由に言って
いきたいところに自由に行って
好きな時間を好きな人達と満喫すること

が ありのままのあなた かもしれません。

ありのままで生きる事 = わがまま なのかな?と感じるかもしれませんが、そうではないということです。

自分がいいなぁと感じることが ありのままの自分 だということです。




ありのまま受け入れること というのは 愛 だなぁと感じます。


その人の事を好きじゃないと、きっと自由な事をする相手が許せません。

その前に、自分を抑圧している人には、許す 自由にする という発想がないかもしれません。


ありのままの自分って実は誰でも受け入れて欲しいと感じていると思います。

相手がどんな行動をしていても
相手がどんな発言をしていても

あなたがその人をありのまま受け入れてあげることでその人は楽しく生きれます。

時には生きる力をもらえたりします。


私もできるだけ、相談にきているお客様や周りの人たちをありのままで見るようにしてます。

ありのままを見ることで、無理をしたり、自分を偽ったりしている人の感情に気がつきやすくなります。

これはとても不思議なんですけど、本当に気づきやすくなります。


相手の事をよく知りたい と思ったとき、ありのままのその人を受けれいてあげれば自然と相手のことが見えてきます。


この時、気をつけたいのは

愛するがあまり相手の自由を奪わない

ことです。


お客様に対しても愛情を込めすぎて、たまにいらないことを言ってしまう事があります。

これが朝のアメブロに書いたことにもつながりますが、

本人がやりたいようにやらせてあげること も ありのまま受け入れる

なんだなぁと感じました。

もちろんこれも愛なのですが、愛が強すぎるとそれが変化して心配になってしまいます。

見守るということもひとつの愛だなぁと先日感じました。


ありのままの相手を受け入れて、見守ること = 愛情

親が子供に対してもつ考え方に似ているなぁなんて思っていました。


ひとつひとつの経験が私に力をくれることに今日も感謝します。



今日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございます♡



接客総合コンサルタント&コーチング BROWNSUGAR R 
青沼 里歩


BROWNSUGAR RのHPはこちら
BROWNSUGAR Rのメルマガはこちら
BROWNSUGAR Rのfacebookはこちら
BROWNSUGAR Rの活動内容はこちら
posted by 接客総合コンサル&コーチ BROWNSUGAR R 青沼 里歩 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | □ メンタルケアのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック