2013年07月28日

質問をシンプルにする方が 相手の話を引き出せる

こんばんは。青沼でございます(*´▽`*)

15537728.jpg

すっかり胃の調子が良くなりました。

今日は胃痛のくせに焼肉を食べに行くという行動にでたのですが、

大好きな美味しい焼肉というのが良かったのでしょうか?(笑)

早く治ってよかったです。


さて、昨日のブログで少し書きましたが、 気づき についてです。

クライアントさんが気づくために私ができることは

すごくシンプルなこと

なんだと気がついたと書きました。


それは、質問 のことです。

私のセッションやカウンセリングは

クライアントさんの気持ちや想いを引き出す

がテーマです。

気持ちや想いを引き出す事で気づきが起こりやすくなります。

聴くに集中していながら、相手の話を引き出すために質問する

この作業というのはとても難しいなぁと感じていました。

それは

聴くに集中しすぎてもダメ

引き出す為の質問に集中してもダメ

そんな感じがしていました。


先日のセッションでの私の気づきは、いつもどおりの感じの会話でした。

クライアントさんが状況を説明している話です。

聴くに集中していたというより、相手の話を聴きたいと思っていました。

そして、自然と出た質問がありました。

「その時、どうおもったのですか?」

というシンプルな質問です。

今までもその質問をしてきましたが、今回はとても自然と出ました。

そして、クライアントさんはしばらく考えてまた話し始めます。

その話の中で、気づきが多くあったようでした。

私はその話を聞いていて、

あぁ、私はこの質問でその答えを引き出せたのかな?

と気づきました。


いつもなら、もう少し補足をします。

シンプルな質問ではわかりにくいのかな?と思っていたのです。

でもその方が、

クライアントさんの可能性を広げられるのだとわかりました。


そして、その次の時にもあまり意識しないで話を聞いてみたら

やはりシンプルな質問が出てきました。


ここでの私の気づきは、

聴く、質問する に意識をしすぎていたのかも?

相手がわからないんじゃないかと心配しすぎていたこと

質問はシンプルな方が話を引き出せる 

ということでした。

これはメールカウンセリングも同じだなぁと感じてきています。

私の仕事は経験を重ねるごとに深みを増していくと感じますが、

本当にそうだなぁと思いました。

これから先もまた色々な気づきがあるのだと思います。

それを素直に受け止められる自分でいたいと感じました。

今日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございます♡



接客総合コンサルタント&コーチング BROWNSUGAR R 
青沼 里歩


BROWNSUGAR RのHPはこちら
BROWNSUGAR Rのメルマガはこちら
BROWNSUGAR Rのfacebookはこちら
BROWNSUGAR Rの活動内容はこちら
posted by 接客総合コンサル&コーチ BROWNSUGAR R 青沼 里歩 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | □ じぶんケア相談 ちょっと裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック